バストアップサプリに配合されている成分の種類と特徴を解説!

MENU

サプリに配合されている成分の種類と特徴

バストアップサプリは効果がでやすい20代をはじめ、30代、40代の方にも大変注目されています。バストアップのサポート効果が高く、エクササイズやマッサージにサプリをプラスする方も増えはじめていますね。ではバストアップサプリにはどんな成分を使用しているのか、主な種類とその効果について見ていきたいと思います。

サプリに配合されている成分の種類と特徴

 

バストアップサプリの成分の主な種類とは

  • プエラリア
  • イソフラボン
  • ザクロエキス
  • ブラックコホシュ

以上3つの点について見ていきましょう。

 

ほとんどのバストアップサプリで使用される人気のプエラリア

プエラリアと聞くとバストアップとすぐにイメ―ジできる人も多いと思います。この成分はミャンマーやタイ北部に自生しているマメ科植物の一種。この根っこ部分には女性ホルモンの働きと似たエストロゲンが多く含まれて、大豆と比較すると40倍以上もの効果があるといわれています。

 

植物性エストロゲンは乳腺を発達させる働きがありますし、さらに更年期障害の症状の軽減や緩和、ホルモンの安定、そして不妊治療など幅広く利用されている成分なのです。ただしバストアップサプリで使用されるプエラリアは質が色々ありますので、効果を期待するのであればランクの高い成分を選ぶとよいでしょう。

 

大豆に含まれるイソフラボンは女性にメリットがある!

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンを促進する働きがあり、バストアップサプリでもよく使用されている人気の成分です。また食生活でもプラスしやすいため、豆乳や納豆などの大豆製品もバストアップに人気がある食べ物ですよね。

 

この成分は女性らしい体型を維持する効果があり、女性にはさらに美肌にもメリットになっています。大豆製品のなかでも「きなこ」はとてもイソフラボンが多く体内での吸収もよいので、スムージーなどに入れて飲むのもよいでしょう。イソフラボンは更年期障害の症状緩和、前立腺がんの予防にも効果がるといわれていますよ。

 

ザクロエキスとバストアップの関係について

ザクロエキスはビタミンBやビタミンCが豊富に含まれていますので、美肌効果も高くきれいなバスト作りにとても人気がある成分です。

 

ザクロエキスは古代ペルシャでは生命の果実と呼ばれるほど大変栄養価が高く、美容や健康にも良い万能な栄養がある食べ物です。植物性エストロゲンを含んでいますので、バストアップとしても効果が期待できますよ。

 

しかしザクロは食べにくい、入手しにくいといったデメリットもありますので、栄養を補給するならバストアップサプリから摂取するのが効率的ですね。

 

ハーブの一種のブラックコホシュとは?

黒い茎で白い花が咲く北米原産のハーブの一種。イソフラボンを多く含み、月経前症候群や更年期障害の症状を軽減する働きがありますので、女性に欠かせない存在ですね。

 

通常ブラックコホシュはハーブティーとして飲む方法が多いのですが、味が独特で多少苦みを感じることから、サプリの成分として手軽に摂取する方法が人気になっています。

 

色々なバストアップサプリがありますので、ハーブなど自然由来の成分を使用したものが安心ですね。ほかにもいろいろな成分はありますが、それぞれの効果や特徴を理解してサプリ選びの基準にしてみましょう。

関連ページ

20代で始めるなら副作用についても知っておこう
バストアップサプリは20代を中心にとても人気がありますが、サプリメントの摂取は身体への副作用に注意しないといけません。毎日飲むものですから、多少の添加物類も蓄積される身体の負担になってしまいますよね。20代はホルモン分泌もまだ活発な年代で、バストアップサプリにより影響を受ける可能性があります。そこで早速ですがサプリを始める前に知っておきたい副作用について見ていきましょう。
購入方法はドラッグストアと通販どっちがいい?
バストアップサプリを購入するのは、薬局、ドラッグストアとネット通販があります。バストアップの効果がでやすい20代を中心にとても人気がありますが、ドラッグストアとネット通販のサプリはどのような違いがあるのか、どちらの方かいいのか特徴を見ていきたいと思います。
バストアップと女性ホルモンの大切な関係について
バストアップするには女性ホルモンの活性化が欠かせませんが、ホルモンの働きといってもピンとこない人もいることでしょう。そこでサプリの効き目を実感するためにも、女性ホルモンとバストアップの関係について詳しく理解しておきましょう。

20代におすすめのバストアップサプリ

バストアップサプリお役立ち情報

お問い合わせ

このページの先頭へ