バストアップサプリを飲む20代前半の人はカフェインに注意

MENU

20代前半はカフェインに注意!胸の大きさとの関係を検証

20代前半はカフェインに注意!胸の大きさとの関係を検証

 

20代前半は仕事や遊びも忙しく、生活リズムが乱れやすい年代です。コーヒーを飲んで夜更かしすることも多いと思いますが、バストアップサプリを飲む20代前半は特に注意しないといけない点があるのです。

 

コーヒーにはカフェインが含まれていますが、この成分は胸を大きくする働きを妨げるということをご存知でしたか?せっかく20代前半からバストアップサプリを一生懸命飲んでいても、カフェインのせいで効果がうまくでないのは残念。ではなぜカフェインがバストアップを妨げるのか、気になる関係について見ていきたいと思います。

 

20代前半で注意したいカフェインとは

  • 自律神経への影響
  • バストアップへの影響
  • カフェインで睡眠不足
  • カルシウム不足
  • コーヒー好きにオススメの方法

以上5つの点についてみていきましょう。

 

カフェインが自律神経に与える影響

朝目が覚めない時、頭がすっきりしない時はコーヒーを飲むと気分がシャキッとなりますよね。これはコーヒー成分のカフェインが自律神経に働くため。自律神経には交感神経と副交感神経の2つがありますが、カフェインは覚醒作用を持つため交感神経を優位にして興奮状態にする働きがあります。

 

栄養ドリンクを飲むと何となく体が元気になったような気がしますよね。これもドリンクに含まれるカフェインの働きのためで、疑似的に体を覚醒させているためなのです。

 

自律神経は本来体が自然の働きで調整していますが、カフェインを摂取することでバランスが崩れてしまいます。自律神経はホルモン分泌とも大切な関係がありますので、バストアップにも悪影響となってしまいますよ。

 

自律神経とバストアップの関係について

自律神経が乱れるとなぜバストが大きくならないのか。そもそもバストのサイズの土台となる乳腺は女性ホルモンが多く分泌されるほど発達するもの。自律神経は脳の視床下部というところでコントロールしていますが、この働きが不安定になると女性ホルモンの分泌までしっかりできなくなってしまうのです。

自律神経は体の内側からバストアップに働きかけるものと理解すると良いでしょう。

 

バストアップだけでなく20代前半は腰のくびれやヒップの形なども気になりますよね。バストアップサプリを飲む20代前半の女性は、もっと女性らしいボディメイクを意識していると思います。

 

自律神経の働きを安定させないとせっかくのサプリの働きも発揮できないので、邪魔となるカフェインの存在に注意しないといけませんね。

 

睡眠の妨げになりホルモン分泌が妨げられる

コーヒーを飲むと夜眠れないなんて体験は皆さんあると思いますが、カフェインは覚醒作用がありますので、脳が興奮して気持ちが高揚する働きがありますよね。意識がなんとなく研ぎ澄まされたようになり、体で感じる疲れも一気にどこかへ飛んでしまいます。

 

夜コーヒーを飲むと、交感神経が活発になりリラックスモードとは全く逆の状態。睡眠は副交感神経が優位にならないとリラックスできない為、いつまでも目が冴えたままになってしまうのです。

 

睡眠時間中はバストアップに欠かせない成長ホルモンが多く分泌されています。この成長ホルモンは1日24時間分泌されるものなのですが、特に夜10時~2時までの間が活発に分泌されるため、この時間帯にぐっすり寝ることが成長ホルモンを多く分泌させるコツになります。

 

カフェインを摂取しすぎるとなかなか眠れなくなり、深夜まで起きていると成長ホルモンがうまく分泌されずに、バストアップがうまくいかないという結果になるのです。

カフェインはカルシウム不足を招く

カフェインには利尿作用がありますので、たくさんコーヒーを飲むと脱水状態になる可能性もありますよ。カフェインの利尿作用は尿と一緒にミネラルやビタミンも体外に排出されてしまうので、一緒にカルシウムも不足してしまいます。

 

カルシウムとバストは一見関係がないように思いますが、バストの基礎となる骨や大胸筋を強化するために欠かせない栄養素なのです。カルシウム不足になるとバストを支える土台部分が弱くなり、形が悪くなったり左右の大きさ違ってしまうといったことにもなりかねませんよ。

 

さらに骨や筋肉を強化するためにはタンパク質の合成に欠かせないビタミンCも必要で、カフェインの利尿作用によりビタミンCが排出されてしまうこともバストアップには不利になってしまいます。

 

またカフェインはカルシウムだけでなく鉄分の吸収を阻害する働きもあります。20代前半の女性のなかには貧血気味の人も多いと思いますが、鉄分不足はめまいやたちくらみなど症状だけでなく、血液の流れが悪くなりバストアップに必要な栄養が十分に運ばれなくなる可能性があります。

 

健康的に20代前半がバストアップサプリを飲むためには、栄養バランスを整えることも重要なポイントなのです。

 

コーヒーが好きな人にはこの方法がオススメ

20代前半だけでなくバストアップサプリを飲んでいる女性の年齢層はとても幅広いですよね。すべての女性に共通していえるのは、バストアップサプリを飲んでいるときやバストアップのために努力をしている間は、カフェインの摂取に注意しないといけません。

 

でもコーヒーは毎日飲まないと生活できない、という人もいるでしょう。その場合はカフェインレスのコーヒーがオススメ。コーヒー以外にも炭酸飲料や健康ドリンクなどにもカフェインが含まれていますので、敏感な方は成分配合をチェックしてから飲むと良いでしょう。

 

しかしカフェインを含むものでも、コーヒーは絶対にバストアップに悪いというものでありません。カフェイン以外にポリフェノールという抗酸化物質が含まれていますので、ホルモンバランスを整える働きがあります。

 

また血中のコレステロールを下げる作用もありますので、バストアップにうまくコーヒーを活用するなら1日1杯、昼間に飲むのがオススメ。飲みすぎるとバストアップには逆効果になりますので、何事も適量を守るとよいのでしょうね。

関連ページ

サプリはまだ早い?10代のボディメイクのポイント
最近の10代の女性はとても大人っぽく、巨乳のグラビアアイドルに憧れる人がとても増えています。バストアップサプリがとても良いバストアップの方法として注目されていますが、ここが注意ポイント。バストアップサプリは10代にはあまりオススメできない理由がいくつかあるので、ご説明したいと思います。
20代後半のサプリビギナーに胸を大きくするコツを伝授!
バストアップサプリを飲んでいる20代後半のビギナーの方。サプリメントなんてどれも同じだと思っていると、効果が十分に発揮されないこともありますよ。最近は色々なサプリメントがあり習慣的に飲んでいる人が増えていますが、好きな時、気が付いた時に飲んでいるより、バストアップサプリはちょっとしたタイミングがあるのです。
30代からでも遅くない!サプリ選びのコツを解説
バストアップサプリを主に飲んでいるのは20代といわれていますが、それに次いで多いのが30代。出産でバストの垂れが気になる人も大変増える年代なので、バストアップサプリの存在は無視できないものですよね。ではバストアップサプリを30代から始める際の、選び方のコツについてみていきたいと思います。
40代からのサプリ活用法!選び方のコツと注意点を解説
40代からバストアップサプリを飲んでも意味があるの?と疑問を抱く人はとても多いと思います。40代はホルモン分泌が減少するため、肌の老化なども徐々に実感してきますよね。女性にとってバストは何歳になっても深刻な悩みのひとつ。20代に人気があるバストアップサプリは、40代から飲むにはどんな点に注意すると良いでしょうか。

20代におすすめのバストアップサプリ

バストアップサプリお役立ち情報

お問い合わせ

このページの先頭へ